あした、なにする?

毎日を充実させたい願望をお持ちのあなたへ。

妊婦検診でかかった費用、超過して補助券が切れた場合

こんにちは、いがわです。
2018年に長女を出産した際、妊婦検診でかかった費用をまとめてみました。
ちなみに私は都内の某個人病院で自然分娩でした。

妊婦検診は国から助成金が出る

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/freee151108039472_TP_V.jpg

まず、妊婦検診に健康保険は効きません。
そこで、住居のある区市町村から妊婦検診の費用を助成してもらえる券がもらえます。

(東京都練馬区の場合)
妊娠発覚後、病院でもらった妊娠届けを区役所に提出すると、母子手帳と一緒に“妊婦健康診査受診票”を14回分、“妊婦超音波検査受診票”を1回分、“妊婦子宮頸がん検診受診票”を1回分をもらいます。
この用紙を医療機関に持っていくと、一部助成を受けることができます。

実際にかかった費用

補助券使用前

1回目:¥9,000 (初診代)
2回目:¥1,820

補助券使用後

3回目:¥12,810 (妊婦検診+子宮頸がん検診)
4回目:¥8,150 (妊婦検診)
5回目:¥4,000 (妊婦検診)
6回目:¥4,000 (妊婦検診)
7回目:¥3,590 (妊婦検診)
8回目:¥3,630 (妊婦検診)
9回目:¥3,590 (妊婦検診)
10回目:¥7,140 (妊婦検診+超音波検診)
11回目:¥7,040 (妊婦検診)
12回目:¥2,000 (妊婦検診)
13回目:¥4,000 (妊婦検診)
14回目:¥6,240 (妊婦検診)
15回目:¥4,000 (妊婦検診)
16回目:¥4,000 (妊婦検診)

超過で補助券切れ

17回目:¥9,510 (妊婦検診)

合計:¥94,160、約10万円かかりました。

助成金合計

妊婦検診の助成金が1回分¥5,160×14回分で¥72,240、超音波検診の助成金が1回分で¥5,300、子宮頸がん検診の助成金が1回分で¥3,400なので、練馬区合計¥80,940 負担してくれたことになります。これは各自治体によって異なるのでお住まいの自治体にお問い合わせ下さい。

超過した場合

残念ながら、全額自己負担になってしまいます。私は補助券切れからの検診は1回でした。この“補助券切れからの検診”が多いと、更に高くなってしまう可能性があります。逆に予定日より早く産まれた場合は、もっと安くなります。自然分娩の場合、こればかりはどうなるかわかりませんね。

f:id:igawa-ashita:20180410085240j:plain

妊婦検診費用の平均を調べてみると、約7万~11万円でした。
やはり、病院や途中のトラブルなどで費用が異なるようです。出産ってお金かかるなぁ…。と思いました。
少子化で子供をたくさん産んでほしいというなら正直、全額負担してほしいのが本音ですね…。